谷川岳一ノ倉沢

img20150719_191607
【日程】平成27年7月19日(日)
【メンバー】gaku、渡邊(L)
【行程】一ノ倉沢出合3:30頃~テールリッジ~凹状岩壁取り付き5:10頃~南稜登攣開始6:00~最終ピッチ基部9:15頃~6ルンゼ懸垂下降~本谷バンド11:30頃~南稜テラス12:10~12:30頃~テールリッジ~一ノ倉沢出合14:20
【行動記録】台風11号の影響を受けて、前日、前々日に降雨があり、特に前々日は豪雨があったようだ。
日程をずらして、凹状岩壁ルートを狙ったが、取り付きは染みだしのために全面的に濡れており、早々に戦意喪失してしまった。
南稜に転身したが、ルートの70~80%が濡れている状態で、一ノ倉のルートを初めて登るgakuさんは苦労されたと思う。(昨年は、凹状岩壁取り付きまで。)
最終ピッチは、やはりまるで降雨直後のような感じで濡れてしまっており、ふたりとも登攣意欲は上がらず。最終ピッチ基部から6ルンゼを懸垂下降することにした。
5~6ピッチほどで、本谷バンドまでおり、本谷バンドからもロープをだして南稜テラスへ上がる。
本谷バンドに下りて2ルンゼを間近に見たのは、初めてだった。ここから国境稜線まで抜けるには、私たちにとっては結構な長旅になることだろう。国境稜線が遥か遠くに感じられた。

You may also like...