鹿島槍ヶ岳 東尾根とりつき 山スキートレーニング

【日時】4月15日(土)
【天候】晴れ
【メンバー】レー子(L)、ヨッシー(L)、みのさん、フー子
【行程】
白馬栂池スキー場ゴンドラ乗り場(8:00)→鹿島槍ヶ岳東尾根とりつき 大谷原 大冷橋(10:30)→ 東尾根途中(12:00)折返し→大谷原 大冷橋(13:00)

 

【報告】

今回の計画では、白馬乗鞍登頂でしたが、強風のためゴンドラ動かず。

ゴンドラ運転開始待ちの様子 レー子、よっしーは動かない場合の計画を検討。 みのさん、気合入れて準備運動。

栂池スキー場ゴンドラ運転開始待ちの様子
レー子、よっしーは動かない場合の計画を検討。みのさん、気合入れて準備運動。

天気予報からも、強風は予想されていたが、さらに小雨もだんだんひどくなってきた。

その日は強風のため、どのスキー場もリフトの運行が中止になっており、山のふもとで春合宿に向けてのフー子のための山スキー登り特訓をすることになった。

リーダーはレー子から、地元ヨッシーに変更。短時間でのこの二人の判断力、コミュニケーションのよさは今までの山行経験からきているもの、また、お互いに信頼しあえているなあと感じ、うらやましいなと思った。その日はいつくるのか。。。

ここからスタート。雪はなく、スキーを担ぐいつもお世話になっております。でいく。

ここからスタート。雪はなく、スキーを担いでいく。

山スキーは、2回目で、スキー板、靴、シールなどまだ地に足についていない状況でいきなり急斜面が私に向かってきた。

シールがはがれたり、バランス崩したりして転んでは起き、キックターンしながら、一心で登っていった。

みのさん、後ろからひよっこフー子が必死で追いかける。

みのさん、後ろからひよっこフー子が必死で追いかける。距離は縮まるどころか広がるばかり・・・

雨も次第に強くなり、あまり登っても今度は私が下山できなくなる可能性があり、↓ここで折返しを決定。

雨もひどくなり、ヨッシー、レー子が折返しを検討

雨もひどくなり、ヨッシー、レー子が折返しを検討

久しぶりのスキー、道が狭くてターンができず、横滑りで下る。。みんなはスイスイ~森の中に消えていく。。。

腰が引けておりれないっ!!

腰が引けておりれないっ!!

横滑りは、最後まで続き、山スキーよりゲレンデスキーでの練習の必要性をひしひしと感じた。。

こんなんで春合宿にいけるのか??そして、レー子から、『実力不足だから、春合宿はやめたほうがよいんじゃない?』といわれる心配もしながら・・・・少しずつ、下山した。

下山後は、笑顔。

下山後のショット!

下山後のショット!

雨の中、転んでは、全力で立ち上がりの繰り返しで、前髪は雨と汗がいっしょになって顔に降ってくる。修行だ・・・

レー子は、春合宿への参加の否定はせず、むしろ、春合宿には今回レー子がはいていたスキー板と靴を使ったほうがよいといってくれ、いっしょに参加できることになった。やさしい。。有難い。

ヨッシー、レー子いろいろ教えてありがとう。

みのさん、折返し地点でのみのさんのくしゃみ連発発作をみて、緊張感が伝わり、より怖くなったよー。

You may also like...