2月会山行 八ヶ岳 天狗尾根

【日時】2018年2月17日~18日
【天候】17日曇り時々吹雪、18日晴れ
【メンバー】山口(L)、小町

【行程】
17日 美し森駐車場~出合小屋
18日 出合小屋~天狗尾根~ツルネ東稜~出合小屋~美し森駐車場

【報告】
折角の会山行なのに山の気象予報は強風(登山不適)を報じている、天候回復を期待して出発を土曜朝5時に延期し、土曜日はアプローチ、日曜日アタックの計画にする。

美し森駐車場のトイレは冬季閉鎖中なので清里駅前トイレを借用する、身支度して歩き出したのは8時過ぎになった。
駐車車両は他に2台、2パーティーほど先行入山している様子だ。

雪を踏みながら1時間半ほど歩くと下山する5人パーティーとすれ違う、聞くと出合小屋周辺が吹雪なので迷わず撤退を決めたと毅然としたお返事、目指す地獄谷方面は暗く雲に覆われている。
更に30分ほど歩くとやはり撤退した単独登山者とすれ違う。

沈んだ気持ちで1時間ほど歩き出合小屋に到着。
天候回復に望みを託して今日はここで静かな時を過ごすことにする。

午後になって1パーティーが、夕方になって更にもう1パーティーが到着して俄然賑やかになる。

翌朝用心深く青空と風速を確認してから行動開始。
突撃モードの他パーティーは暗いうちに出発してしまった。

トレースを辿って尾根を進み幕営適地を通過してナイフリッジを渡りカニのハサミを通過すると第一岩峰が現われる、一昨年に訪れた時は左手の岩場を通過したそうだが今回は右手のトラバースルートを試す。

フィックスロープの端まで偵察したリーダーがそのままフリーで先行する。
暫くしてコールがあり後続する、トラバースした先の雪のルンゼをダブルアックスで登るが一気に抜けられる距離ではなく休憩を挟む、疲れてアックス操作が雑になってはいけない。

景色の開けた山稜をさらに進むと大天狗が迫ってくる、ロープを出して急斜面を越えて大天狗を仰ぐ、ごつごつした立派な岩だ。

直登通過(勘違い)で時間切れする可能性とこの先で烈風に見舞われる可能性にビビッていると、これこそ快晴無風のベストコンディション、こんなチャンスは滅多にないとリーダーが太鼓判を押す。

ロープを付けたリーダーが立ち木に支点を取って基部の雪面を右にトラバース、岩に取り付きテラスに至る。
フォローすると立派なハンガーボルトがあった、ここでロープをしまい、トレースを辿るとあっさり大天狗と小天狗のコルに出る。

濃い青空と雪に輝く岩と峰々が神々しい、写真を撮っていると単独登山者がスタスタと抜いていった。

程なくして稜線縦走路に到着する。

490739d1eb4bebd36bc0809ce6911e98

稜線縦走路との出合から天狗尾根。その向こうには富士山。

少し休憩して12時半にツルネに向かう。

4234f6febdeffa62e9fcf979792044d6

休憩ポイントから権現岳を望む。

縦走路は風が吹いていて顔が冷える、主稜線と阿弥陀南稜が風除けになってくれたお陰で天狗尾根は西風からガードされていたらしい。

d339cadeef2bd11a47f7b1e65c3a3a4d

下りのガレ場から権現岳。

b0a158d767135730cc3c67c2312a31b4

下りのガレ場から、振り返る。

雪と岩ミックスの斜面を延々と下る、キレット小屋付近の平坦地で休憩、ツルネに登り返す。

天狗尾根を振り返ると尖ったピークが連なりこちらからは通過不能にしか見えない。

5dd8de07215769c2d43bfb6f56c9a207

右側のスカイラインが天狗尾根。

14時過ぎに下山開始する、下山ルートのツルネ東稜は転がり落ちるような急な稜線でトレースはあるが時々踏み抜き腰まで埋まる。
16時に出合小屋到着、箒がけと戸締りして小屋を後にし、ヘッ電歩行で18時に駐車場到着する。

ミッションコンプリートだ、ビビッていた背中を押してくれたリーダーに深く感謝する。

You may also like...