50周年記念 あかつきビッグ・バンド トレイル 2019 後立山・針ノ木岳(山スキー)

メンバー
L:レー子、みの、Oヨシ(ツボ足)、Oヒサ

5月11日(土)快晴
扇沢8:30-大沢出合9:40-マヤクボ沢出合11:50-マヤクボカール(13:00-13:10)-稜線13:55-針ノ木岳山頂(14:15-14:25)-稜線(14:30-14:50)~大沢出合15:40~扇沢16:15

春山合宿の帰り、今シーズンの滑り納めになるかもしれない針ノ木岳を計画。
一時期毎年5月に通っていたが、暁の山スキー人口が減って久しぶりの針ノ木岳。

朝発の日帰り山スキーは午前3時起きが何より辛い。
4時30分K家目標で自宅を出発するが、順調すぎて4時10分には到着。

表で10分待ってO家を経由して扇沢に向かう。
さすがに10連休明けで高速は渋滞もなく順調に進む。

扇沢の無料駐車場は立山への登山客や観光客の車でいっぱい。
日帰りなので1000円払って有料に止める。

8時30分板をザックに着けて出発。
道路を2回横切り、いつもの場所から板を履いて雪渓に入る。
大沢出合までは例年の5月最終週と思われる雪の少なさで、ギリギリ板を履いて堰堤を超えられる状況。
おそらく来週は途中板を脱ぐことになるだろう。

大沢小屋には周辺で雪上訓練を行うと思われるパーティのテントが何張もあった。
ここからデブリを避けながら各自思い思いのルート取りでマヤクボ沢出合まで進む。

出合からはいつも右寄りのマヤクボのコルを目指すルートで登っていたが、今回先行者はみんな左寄りの急登を登っており、特に雪崩の心配もないため先行者に続くが、途中からツボ足で登るほうが早そうなので、板をザックに着ける。

カールに出て更に山頂までもうひと頑張り、山頂直下の稜線には景色を楽しむボーダーやスキーヤーが7、8人いた。

山頂までわずかな雪壁を登って記念撮影。

50周年針ノ木山頂

50周年記念暁ビッグバンドに含まれる針ノ木岳、今回はピークハントのため、誰かに爺ヶ岳から針ノ木、船窪岳、烏帽子岳へと繋いでもらいたい。

立山方面の景色を十分堪能し、滑走準備を行う。

今回もOヨシさんは尻セードを駆使しての下山。
マヤクボ沢出合までは尻セードも順調だったが、やがて傾斜が緩くなりデブリに阻まれ、ツボ足に切り替え、走る、走る。

稜線から滑走終了点まで、山スキーからはやや遅れたものの1時間強で下山。

春山合宿に続き、天候に恵まれ楽しく登り、滑ることができた。

マヤクボカールを振り返る

ザラメ最高

早起きは3文の得!

(記 レー子)

You may also like...